車検費用が高いと感じたら基本料金と税金の内訳を知れば本当の相場が分る

車検費用が高いと感じたら基本料金と税金の内訳を知れば本当の相場が分る

車検費用が高くて困る!

何とか安くならないの!

そんなお悩みありますよね

私も整備工場で勤めていた時には散々お客様から言われた言葉です。

しかしそもそも車検費用の相場っていくらなのか知っていますか?

全体的に知られている、おおまかな平均は諸費用を抜いた整備費用が「4万前後」が相場になっています。

しかしこれはあくまでも、車全体での平均なので全部に当てはめて比較するのは良くありません。

例えば、新車で初めての車検で何も交換する部分なんて無いにもかかわらず、整備費用が4万もかかったらおかしいと思いますよね?

車検は「年式」「走行距離」「車種」によって料金が変わってくるので本当の相場は他社と比較しないと分かりません。

さらに車検が「高くなる人」と「高くならない人」での一番の違いがこの他社との比較です。

車検が高くなる人はお店側で出して見積もりをそのままストレートに受け入れてしまう人が多く

車検が高くならない人はお店側に出してもらった見積もりを一度持ち帰り他社との比較をしています。

どのくらいの費用だったら車検が高いのかを理解するには、まずは「車検費用内訳の3つ」を確認してどの部分を他社と比較していけば良いかを理解できれば安心して車検に出す事が出来るようになりますよ!

車検費用の内訳

車検費用はおおまかに次の3つがあります。

  • 車検整備基本料金
  • 追加整備料金
  • 諸費用

これらが組み合わさり車検費用になります。

これらをしっかりと把握して他社と見比べて何が高くなっているのかを見れるようになれば、総合的に判断して無駄な出費を抑える事ができたり、あなたの車検費用の平均が出ます。

では詳しく見ていきましょう。

車検整備基本料金

車検点検項目に基づいて点検整備していく作業料金です。

チラシなどに載っている料金で車検整備に必要な最低限の料金です。

お店ごとに金額は様々ですが、この料金はお店側であらかじめ決まっている料金になります。

車両の情報さえ伝えればここの金額は教えてくれます。

お店によっては【基本料金+検査料金】がかかる所もありますので基本料金が安いからと言って、いざ見積もりを出してもらうと検査料金もかかってた!

なんてこともありますので注意が必要です。

整備工場に「基本料金以外に必ずかかってくる料金を教えて下さい」

と聞けばすぐに回答してくれますので、最初に電話で聞くかチラシに目を通して調べた方がいいでしょう。

追加整備料金

交換・補修が必要になった箇所や今後故障に発展しそうな予防整備など

例えば

  • 点検したらオイルが漏れていた
  • ブレーキランプが点灯しない
  • タイヤの溝がない
  • ブレーキパッドが残り少ない

などの不具合や故障に発展しそうな箇所があった時に発生します。

基本料金とは違い車両を点検してみないと分からない所になります。

「車検費用がいつもより高額になった~」

なんて方はここの項目をみて詳しく整備士に聞いて納得がいかない場合は他社にも同じ内容の見積もりを作成してもらい比較してみましょう。

見積もりは無料で作成してくれます。

車検の諸費用

基本料金と同じく車検には必ずかかってくる費用になります。

こちらもあらかじめ決まってるので

車両情報を伝えれば教えてくれます。

諸費用は

  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 印紙代

この3つです

この中で注意した方が良いのが「重量税」です。

エコカーなどの車は重量税が減税になったり年式が古いと逆に増税になります。

初回車検の方や年式が13年経過している方は該当します。

それ以外の方は車検証の「備考欄」に前回の重量税金額が記載されていますので、そこを確認して判断した方がいいでしょう。

あらかじめ分かるものがほとんどなのですが年式によっては微妙な時期があり陸運局に持ち込んで初めて分かるのもあります。

車検費用が高いと感じた時には追加整備部分を比較する事

車検費用が高いかを判断するには、まずは車検費用はあらかじめ決まっている「基本料金」と「諸費用」以外の追加整備費用の部分を他社と比較するのが一番です。

車両をお店に持ち込んで点検してもらった結果、追加として整備が発生する部分です。

この部分を詳しく説明してもらい納得ができない場合は他社に同じ見積もりを作成してもらい比較して判断していく

このように分からない所が出てくるのは追加整備の部分なのでここを十分に納得できるまで調べた方がいいです。

「車検が高い!!」

と感じたらそのまま1店舗で話し込むよりも、他社へ見積もりを取ってもらう方が本当にやらなければいけない整備が見えてきます。

この時の他社に見積もりを取ってもらうポイントとしては、絶対に「最初の見積もり内容」は見せない事です。

他社の見積もりを見せてしまうと、その内容に近づけて出してくる事になってしまうので正確な比較が出来ません。

他社の見積もりは伏せておいて、見積もりが作成してもらった後で比較するのが一番のポイントです。

こうする事によって、見積もり内容の「ズレ」が必ず出てきますので、このズレが出ている部分は省いてしまっても良いと判断できます。

何故なら、同じ車検基準で同じ車両をプロの整備士が点検して、整備内容にズレが出るという事は「利益目的」の可能性があるからです。

車検整備は車業界でも大きな収入源となっており、特に有名な店舗ほど目標利益が必ずあります。

私もその目標を遂行する立場でしたので、この辺の仕組みは良く理解しています。

車検整備の内容を整備士任せにしていると、あれもこれも追加されてしまう事になるので必ず比較する事を忘れないでください。

無駄な整備を省いてしっかりと自分の愛車を守ってあげてください。

車検費用の内訳カテゴリの最新記事