車検準備の時に確認すると余計な出費を減らす事が出来るお得なポイント

車検準備の時に確認すると余計な出費を減らす事が出来るお得なポイント

そろそろ車検の時期が来る!

車検の準備をしようと思い書類関係を確認していませんか?

車検は車と書類だけを持っていけば良いと思っていませんか?

私が整備工場に勤めていた時には車検書類以外の部分でも結構な割合で忘れてくるものがありました。

車なんて何もいじっていないから大丈夫だと思い、いざ整備工場に出して見ると「確認しとけば良かった~😢」なんて言う方は沢山いましたので一度でいいから確認して損はないですよ。

まずはしっかりチェックして無駄な出費を出さないようにしましょう。

車検に出す前にチェックが必要な2つ

  • 車検必要書類
  • 車両チェック

どちらも簡単にチェックできますので一緒に確認していきましょう!

車検必要書類

  • 車検証
  • 納税証明書
  • 自賠責保険
  • 印鑑

車検必要書類はこの4つが必要になります。

車検証

こんな感じの書類です、もし紛失した場合は車検に出す整備工場に再交付を頼むこともできますが費用が高くなります

1000円~3000円ぐらいの再交付料金がかかってしまいます。

自分で陸運局に行って再交付の手続きをすれば出費を抑える事ができます。

再交付には免許証と印鑑を持っていけばその日に再交付できますし記入する書類も簡単です。

ちなみに費用は陸運局に自分で行けば300円で済みます。

納税証明書

こんな感じの納付書で毎年4月か5月ぐらいに役所から送られてくる税金です。

ここで注意するのが上の赤枠の部分に「継続検査用」と記入されている方をお持ちください。

領収書側を持っていっても納税証明書の役割は果たしません。

ちなみに現在は軽自動車以外は納税証明書の確認は省略されていますが整備工場側では納税の支払い確認の為に必要とされています。

これも万が一紛失された場合は整備工場に依頼すると料金が発生しますので軽自動車は市役所に行けば無料で交付してくれます。

普通車は現在は省略されていますので事情を話せば省略できると思います。

念のためですが、どちらも滞納がないのが条件ですよ。

自賠責保険

このような感じの書類で自動車を使用する際には必ず加入しないといけない保険になり「強制保険」とも呼ばれています。

こちらも万が一紛失された場合は各保険代理店で無料で再交付できますよ。

免許証と車検証と印鑑が必要になります。

印鑑

こちらは店舗によってはシャチハタ不可の所もありますので三文判が無難かと思います。

もし忘れてしまった時はフルネームでサインでも問題ありません。

さあこれで必要な書類はOKですね!

次は車両チェックをしてみましょう!

何か交換するとかそんな難しい事ではないので簡単なチェックで完了しますので見ていきましょう♪

車検前の車両チェックするポイント

車によって見るポイントは違ってきますが、私が整備工場に勤めていた時にもっとも多く指摘されやすい3つの箇所があります。

  • タイヤ
  • ヘッドレスト
  • フロント側3面ガラス

タイヤの確認

意外にタイヤがはみ出している方は多いんです。

社外アルミホイールやスタッドレスなどが実はタイヤが車体からはみ出していた!!なんて方が結構多いんです。

ノーマルのままであれば特に問題ありませんが社外アルミなどに変更している方は一度確認してみて下さい。

さらにタイヤの「」も確認してみましょう。

タイヤの溝には上画像のようなスリップサインという目印があります。

ここがタイヤ溝と平らになっている場合は要注意です。

溝の深さは1,6ミリ以上あれば問題ないので測る事が出来ればすぐに確認できますが、なかなか家庭には計測する道具は無いと思います。

そこで簡易的に測る事が出来る10円玉を使います。

2本の赤い線の所、10円玉の内側の溝あたりが1,6ミリの目安です

ここが基準値の1.6ミリになります。

タイヤの溝に10円玉を差し込んで赤い線の所より入ればOK

もし基準地外の時はタイヤは専門店やネットの方が安くできますのでおすすめです。

ネットで特に破格で安いタイヤがこちら⇒輸入タイヤ直販店 AUTOWAY

次にタイヤのホイールナットにロックナットが装着されていないかもチェックしてみましょう。

このように一か所だけ他のナットとは形が違う場合はロックナットアダプターがあるはずなのでそちらも忘れずに車検時に持っていきましょう!

これ結構多いんですよ💦

タイヤなんて頻繁に外したりしないんでロックナットの存在自体が忘れられてアダプターもどこにいったやら・・・・💦

アダプターを紛失してしまったらロックナット自体を破壊するしかありませんので費用もかさみますので注意が必要です

ヘッドレストの確認

室内のシート頭にに付いているヘッドレスト!ちゃんとついていますか?

保安基準では前席(運転席・助手席)に装着されていれば問題ありません。

後席はなくても保安基準では問題ありませんが、お店側での社内基準で厳しくしている所もありますので念のため後席分も持っていきましょう!

特にチャイルドシートなどを装着すると邪魔になる部分なので外している方も多いのです。一度確認してから行きましょう!

フロント側3面ガラス

運転席・助手席・フロントガラス(三角の小さいのも含む)

これらにスッテカーや吸盤などが張り付いてると車検時に不適合になりますので確認が必要です。

最近ではスマホスタンドが吸盤式の物がありフロントガラスに貼り付けているのが多いので、そういうのもが無いかも確認が必要です。

張り付けても良いのは

通信機器・通信用のフィルムアンテナ・点検ステッカー・車検標章ステッカー、セキュリティーアラームスッテカー・後方確認ミラー・フロントガラス上部20%の部分にフィルムなど

車を購入してから何か貼り付けた物でこの中に該当しない物は基準外になりますので外していきましょう!

以上で確認は完了です!

これらを全て店舗に依頼したら数万ぐらいの無駄な費用がかかります。

どれも簡単に確認できるし外したり交換する事も出来ます。

無駄な出費がかからないように準備してから車検に出すようにしていきましょうね。

お得な車検を自宅付近から探したいなら簡単にできるサービスがあるので↓の記事をチェックしてください。

車検の準備カテゴリの最新記事