車検基準はどこでも同じ?不正改造でも通してくれるお店ってどうなの?

車検基準はどこでも同じ?不正改造でも通してくれるお店ってどうなの?

前回の車検では指摘をされずに車検合格した箇所が、今回は別の工場に出したら指摘されて余分に費用がかかった!

なんて事も珍しくありません。

そんな厳しい車検の基準あるにも関わらず、たまに街中で派手なクルマを見かける事もあると思います。

不正改造をしたクルマなどをたまに見かける事がありますが、一部の車検業者では平気で通してしまう事業所も存在しています。

そういった所に車検を依頼をすると、どんなリスクが潜んでいるのか?

なんでも通してくれるなら便利な業者なのではないか?

面倒なトラブルに巻き込まれたりする可能性もあるので、どんな業者が存在しているのかを知っておいて損はありませんよ。

今後のあなたのカーライフに活用してくださいね♪

そもそも車検の基準てどんなのがあるの?

車検には保安基準と道路交通法の2つの基準があります。
陸運局はこの2つをもとに完成検査を行い適合か不適合かを判断してます。
民間車検場・指定整備工場などは、この2つの基準の他に社内基準を設けています。
これは各事業場で違いますが同じ会社であれば、基準を統一しなければいけません。

このように陸運局よりも一般の事業場の方が厳しく点検検査をしています。

厳しくする理由がもう一つあります。

それは国土交通省からの抜き打ち監査があるからです。

この監査で違法改造車などを整備していたり、完成検査で未実施やペーパー車検などがあると処分を課せられます。

あまりにも悪質な場合は指定取消しなどの処分もされて営業できない状態にまでなることもあります。

実際に毎年何件かでています。

監査も年に1回か2回あり抜き打ちできますので常に適正な運営をしなければいけないようになっています。

このように厳しくされている一方で違法改造車や基準外やさらには車両をお店に持っていかなくても車検を通してくれる工場があるなんて聞いたりします。

違法改造を取り扱う車検業者

事業場には民間車検場・指定整備工場・認証工場があります。
このなかで先ほど説明した抜き打ち監査がくるのは民間車検場・指定整備工場だけです。
認証工場には監査はきません。
しかし各組合に入らなければいけないので違法な行為ができないようになっています。
中には民間車検場・指定整備工場・認証工場などに関係なく平気で違法改造車を請け負う事業場もありますので、もし工場にそういう車両が置いてあったら利用は避けた方がいいでしょう。
この3つではなく
もっとも違法改造車を扱う可能性があるのはこのどれにも該当しない事業場です
このように黄色い看板が工場に設置されているか、てんけん君(マスコットキャラ)の看板を目印にした方がいいでしょう。
黄色看板は工場の建物の見える所に設置がされています。

この黄色の看板が設置されていない整備工場はどれにも該当しない事業場です。

もしこういった所で車検整備してしまって何か車両に不具合が起きたり金銭的にトラブルになっても自動車組合は何も指摘もできないで自己責任になってしまいます。

料金が安いからとか、違法改造車でも車検やってくれるからとかの理由で利用はしない方がいいですね

安全で安い車検を自宅付近で探す便利な方法とは?

このように様々な基準や取締があるので各事業場ごとで社内基準などの違いも出てくるのです。

基準が厳しいってことは適正に運営している事業場が多いので決して悪いことではないのです。

今後もいいお付き合いするためには健全な運営をしている事業場をおすすめしますので

必ず看板を確認してくださね♪

自宅付近の安全で最安値の車検を探すには便利な無料サービスがあるので、そういったものをどんどん活用していけば簡単に探す事が可能ですよ。

詳しくは私のサイトで紹介していますので、これから車検を控えている人はチェックしてみてください。

車検の準備カテゴリの最新記事