車検を安く済ませたいなら見積もり内容を知るのがポイント

車検を安く済ませたいなら見積もり内容を知るのがポイント


車検に出すときに一番気になるのがやはり料金ですよね!

ネットやチラシでよくみる車検基本料金はどこも同じではなく安い所もあれば高い所もあります。

大切な愛車を預けるなら金額も内容にも安心できる所に出したいですよね

車検の見積もり内容は一体何が違うのか?

今回は各お店での料金の違いを解説していきます

車検見積でよく見かける基本料金とは?

車検費用には

・車検基本料金
・追加整備
・諸費用

この3つの合計が車検費用になります。

諸費用はどのお店でも同じです。

違ってくるのは

「車検基本料金」と「追加整備」です

「車検基本料金」はあらかじめお店側で決まってる金額です。

この料金は車検整備点検と検査費用も兼ねている所もあれば車検基本料金とは別に検査費用も追加している所もあります。

この料金はチラシやネットで表示されている金額で車検を請け負う前に必ずお客様に掲示しないといけない金額になります。

概算見積もりとも呼ばれています。

まずは無料で概算見積もりを出してもらう


チラシやネットで表示されている料金とは別で必ずかかる費用もお店によってはあります。

ディーラーなどは基本料金と別に検査費用もかかります。

その他のお店でも検査費用はゼロだけど基準外だったら費用がかかる所もあります。

「指定整備工場」と「認証工場」でも費用が変わってきます

「指定整備工場」は自社工場内で完成検査ができますのでわざわざ陸運局に車両を持ち込まなくて済むので基本料金だけで抑えることができます。

「認証工場」はわざわざ陸運局に車両を持ち込んで完成検査をしなければいけないので基本料金とは別に検査代行費用がかかってきます。

このようにお店によって様々なので気になるお店があったらまずは問い合わせてみて聞いてみるか郵送で送ってもらうこともできますよ!

概算見積もりは無料でもらえますので聞かないと損ですよ!

そもそも自動車業界では車検を受ける前に必ずお客様に概算見積もりを渡さないといけない決まりがありますので遠慮することはありません。

まずは概算見積もりをもらいましょう!

基本点検以外の整備ってやらないと駄目なの?


基本料金以外の整備が高くなることは結構多いです。

その中でも車検に「通らない部分」と車検には「通るけど予防の為の部分」があります。

この部分を分けて検討しないと何が本当に必要な整備か分からないのでここを分けて見積もり2部作成してもらいましょう!

そうすることで「最低限の料金見積もり」と「予防整備も含めた見積料金」に分けることができますので、ここから自分のカーライフにあった内容を整備士と相談して選んでいきましょう!

ちなみにいくつか無駄な作業内容を紹介します参考にして下さいね!

ガソリン水抜剤

これは全くと言っていいほど意味がありません。

私が車業界で現役で勤めていた頃には、むしろこの添加剤を入れ続けたお客様がガソリンタンク内がひどく劣化して穴が空いて燃料漏れを起しました。

バッテリー強化剤

今のバッテリーは殆どがメンテナンスフリーです

バッテリー液を補充すら必要ありません。

タイヤ窒素充填

これを入れることにより

タイヤの膨張を防ぐ・空気圧が減りにくい・発火を防ぐ?・酸化防止?

などのメリットがあるとのことですが空気圧以外は普通の環境で使用している限りはメリットとは言えないぐらいのものです。

空気圧もそもそも定期的に見るぐらいはしないと運転するのに不安ですよね

さらに空気中の窒素濃度は80%なので殆どかわらないし

窒素充填で2000円ぐらいかかるので費用の割りに恩恵を得られないでしょう

下回り塗装OR下回り洗浄

防錆のための作業ですが塩害地域・寒冷地域以外では必要ないです。

そもそも錆が発生したからといって足回りが損傷するほどの錆には通常の環境であれば発展しません。

生涯同じ車を乗り続けるのであえれば必要になるかもしれませんがそれ以外の使用をする方は無駄になります。

この他にも、あの手この手を使い、いかにも必要な作業と思わせるような口調で言ってくる整備工場が存在していますので、車検を安く済ませたいなら必ず見積もりは2部以上は作成してもらいましょう。

そして、他社との比較も忘れずに!

簡単に、あなたの近隣で安い車検を検索できるシステムも今は出ていますので無料で使えるサービスはどんどん使い倒していきましょう。

車検費用の内訳カテゴリの最新記事